mcrblg-header-image

search

急患の受け入れについて


医療機関の大きさ等によって急患の受け入れ数が決まっている事が多いです。地域の取り決め等で急患をある一定の数は受け入れなければならないと理解していても患者の症状や現場の状態によって十分な数の患者のケアを行えないケースが少なくないです。急患の対応がうまく出来ないため他の医療機関につないでしまうケースも多いです。急患を受け入れると日常の業務がストップします。また、優先順位がくるってしまうため医療の現場は非常に混乱します。結果、医療従事者が心身を疲弊させ、休職や退職を選択するケースが多いです。また、人材が不足し、そのような患者のケアを行う事が難しくなる医療機関が多くなります。そのケアは決して簡単なものではないです。医療機関をなかなか見つける事が出来ずに命を落としてしまう患者もいます。当事者、家族、医療従事者がうまく連携しなければスムーズにケアを受ける事が出来ない患者を減少させる事は難しいです。昨今、急患の対応を行う医療機関が増えました。しかし、現場のスタッフは多くの患者の対応しなければならないため、ミスやトラブルが発生しています。現場の環境を整備しなければ患者が安心してケアを受ける事が出来ないです。医療機関は一人でも多くの患者の対応を行うようにすべきです。しかし、それによって多くの問題が発生するのであれば慎重に対応しても問題はないです。大切なのはより多くの人々の生命や健康を守る事です。安易に行動するよりも生命をい大切にすべきです。

close
search
最近のコメント
    カテゴリー
    avatar

    Hi, guest!

    settings

    menu