mcrblg-header-image

search

急患と待ち時間について


多くの医療機関では急患が出ると待ち時間が長くなる事が多いです。急患の治療は多くの時間がかかるだけではなく、人手も必要になるため通常の診察や一般患者のケアがスムーズに行われなくなる事が多いです。そのため、医療機関では急患が発生した時は待ち時間が通常よりも長くなる事や。順番が前後する事を紙などで通知しているケースが多いです。また、医療機関によっては待ち時間が長くなる事を他の患者に対してアナウンスする事もあります。この問題は事前にしっかりと対策を講じておいた方が良いです。なぜなら、その時間が長い事に対してクレームを言う患者が発生したり、他の患者の予定を狂わす事になるからです。それが発生すると待つ時間は通常よりも長くなります。ほとんどの患者は理解し、大きな問題は発生しないです。しかし、状況によっては新たなトラブルが発生し、急患のケアをスムーズに行えないというケースもあります。医療機関はスムーズにケアが行えるように日頃から準備をしておく必要があります。急患のケアをスムーズに行う事が出来ればその時間も短くなります。大切なのは関係する人々の協力、連携です。お互いを尊重する事が出来れば問題やトラブルは発生せず、ケアはすぐに終わります。そして、次の患者のケアをスムーズに開始する事が出来ます。その時間を短くするためには医療従事者が臨機応変に対応するだけではなく、他の患者もその状況を受け入れ静かに待つ事です。

close
search
最近のコメント
    カテゴリー
    avatar

    Hi, guest!

    settings

    menu