mcrblg-header-image

search

産婦人科の急患について


産婦人科の急患はかかりつけの医療機関を持っていないと受け入れてもらうまでに多くの時間を費やします。昨今、この科が減少しているため、特定の医療機関に患者が集中するおそれがあります。婦人科の急患は対応を行ってくれる場所がある程度存在するので心配しなくても良いです。一方、産科はかかりつけの医療機関がないと探すまでに多くの時間を費やします。かかりつけの医療機関を持っていればその産婦人科で対応する事が出来なくてもその医療機関の担当者が急患の対応が出来る別の医療機関を紹介してくれます。産婦人科の急患は母子の生命や健康状態が危険なケースが多いです。そのため、リスクを回避するために患者の受け入れを拒む医療機関が少なくないです。結果、一部の医療機関に患者が集中し、担当のスタッフが心身を疲弊させます。この科の急患の受け入れはすべての医療機関が連携して行う事が大切です。チームで問題に取り組む事が出来れば医療に携わるスタッフの心身の負担を軽減する事が出来ます。また、医療水準の維持にもつながります。かかりつけの医療機関があればそこの医師から突発的な問題に直面した時の対応方法を教えてもらえます。地域や医療機関によっては内科等と連携してこのような患者の対応をしている所もあります。この科の患者は内科や外科のようにスムーズに必要なケアを受ける事が出来ないケースが多いです。日頃からかかりつけの医療機関の医師と緊急時の対応について決めておいた方が良いです。

close
search
最近のコメント
    カテゴリー
    avatar

    Hi, guest!

    settings

    menu