mcrblg-header-image

search

急患センターとはどのような所か


急患センターはかかりつけ医が休日でケアを受ける事が出来ない人に対して応急手当を行う医療機関です。救急センターではあくまでも応急手当を行うだけなので、そこで安心するのではなくかかりつけ医を受ける事が出来るようになったらすぐに受診する事が非常に大切です。急患センターには多くの患者が来るため非常に混雑します。また、患者の症状によっては順番が前後する事もあります。ほとんどの診療科は一つの急患センターでみてもらえますが、小児科、歯科等は別の場所で治療を行うケースが多いです。時間帯によっては自分の症状を診察する事が難しい科の医師が担当になる事もあります。スムーズにケアが進まない事もたくさんあります。急患センターで勤務をする医療従事者は心身を疲弊させ、しんどくなる事が多いです。少ない数のスタッフで非常に多くの数の患者のケアをしなければならないため心身の状態を悪くし、業務を辞めてしまうケースが少なくないです。様々な症状に迅速に対応しなければならないので大変です。非常に状態が悪い人が来ている事が多いため、中のベッドで横になっている人が多いです。乳幼児は期限が悪く、頻繁に泣いています。患者、医療従事者の双方の心身が大きく疲弊する場所です。急患センターでは必ず一般の診療を受け、正しいケアを受けるようにスタッフから言われます。早く治すためにはこの言葉の通り動いた方が良いです。服薬もありますが、ほとんどが当日分です。

close
search
最近のコメント
    カテゴリー
    avatar

    Hi, guest!

    settings

    menu