mcrblg-header-image

search

耳鼻科へ急患、子ども


風邪の症状は様々で、発熱や咳がある場合、または鼻水だけの症状があります。子ども場合、鼻水を上手にかむことができないため、中耳炎になることがあります。夜中に急に耳が痛くなり、我慢ができなくなる場合があり、救急で耳鼻科へ行かなくてはいけなくなります。急患の場合、処方される薬は、耳鼻科だけでなく、内科や外科、小児科でも休日分だけなので、後日かかりつけ医へ受診しなくてはいけません。中耳炎は、しばらく様子を見ながら治療をしていかなくてはいけないため、治療に必要な薬を後日、かかりつけ医に処方してもらいます。子どもは、中耳炎になると自分の声がこもり、痛くて眠れない、ひどくなると鼓膜が真っ赤に腫れてしまいます。薬が効くと落ち着いてくるのですが、痛みがある場合、できるだけ早く受診しなくてはいけません。そのためにも救急の耳鼻科があるのです。急患は、怪我の患者、体調不良、急なお産など、子どもから大人まで診察してもらえます。入院が必要な場合、入院設備の整った病院へ移動します。耳の急患は、痛みを我慢できない子どもが多く、すでに鼓膜が腫れあがり、すぐに手術が必要な場合があります。手術は診察椅子に座り、部分麻酔をし、日帰りでできるものがあります。幼ない子どもの場合、暴れたり、動いたりすると危ないので全身麻酔となりますが、落ち着いて座っていられる子どもは、部分麻酔で手術することができます。まず薬を飲み、症状が落ち着くことが理想ですが、症状がひどい場合は手術が必要な時があります。急患でも落ち着いて、患者の症状を観察し、その人にあった対応をしてくれる病院は、心強いです。<夜勤専従バイトについて詳しい説明がされているサイト(http://xn--eckvdwa9006aorgipevsejqd6y4fzx3b.com/)を参考に日記を書いてみました。>

close
search
最近のコメント
    カテゴリー
    avatar

    Hi, guest!

    settings

    menu