mcrblg-header-image

search

インフルエンザの急患について


多くの地域ではインフルエンザの疑いのある急患は専用の医療機関につなぎ、そこで治療を行っています。他の患者との接触を避け、感染者を少しでも出さないようにするために工夫をしています。インフルエンザの急患を他の患者と同じように受け入れている医療機関もあります。そのような医療機関では出来るだけ患者と他の人が接しないように出入り口を別々にしたり、個室に隔離して様子をみるケースが多いです。急患で運ばれてきても短時間ではインフルエンザとわからないケースも多いです。結果、より多くの人々と接触し、感染者を増大させる事があります。医療機関は消毒、掃除等をこまめに行い、拡大を防ぐ事が重要です。また、来院する患者に対して感染する可能性がある事を張り紙等で周知した方が良いです。意識が少しでもあると感染しないように注意する人が増えるからです。抵抗力が弱い高齢者や乳幼児であると急患で医療機関に来た時、生命の危険に陥っているケースもあります。適切なケアを迅速に行える医療機関にスムーズにつなぐ事が大切です。予防接種を受けていてもこのような状況に陥る事はあります。予防接種を受けたから大丈夫と思うのではなく、受けていてもかかるリスクがある事を知っておいた方が安全です。かかりつけの医療機関を持っておいた方が良いです。なぜなら、それを持っていないと急患でみてくれる医療機関を探す時間が長くなるからです。事前に対応方法を把握しておく事が大事です。

close
search
最近のコメント
    カテゴリー
    avatar

    Hi, guest!

    settings

    menu