mcrblg-header-image

search

LATEST POSTS


産婦人科の急患について

Posted by in テーマ:急患

産婦人科の急患はかかりつけの医療機関を持っていないと受け入れてもらうまでに多くの時間を費やします。昨今、この科が減少しているため、特定の医療機関に患者が集中するおそれがあります。婦人科の急患は対応を行ってくれる場所がある程度存在するので心配しなくても良いです。一方、産科はかかりつけの医療機関がないと探すまでに多くの時間を費やします。かかりつけの医療機関を持っていればその産婦人科で対応する事が出来なくてもその医療機関の担当者が急患の対応が出来る別の医療機関を紹介してくれます。産婦人科の急患は母子の生命や健康状態が危険なケースが多いです。そのため、リスクを回避するために患者の受け入れを拒む医療機関が少なくないです。結果、一部の医療機関に患者が集中し、担当のスタッフが心身を疲弊させます。この科の急患の受け入れはすべての医療機関が連携して行う事が大切です。チームで問題に取り組む事が出来れば医療に携わるスタッフの心身の負担を軽減する事が出来ます。また、医療水準の維持にもつながります。かかりつけの医療機関があればそこの医師から突発的な問題に直面した時の対応方法を教えてもらえます。地域や医療機関によっては内科等と連携してこのような患者の対応をしている所もあります。この科の患者は内科や外科のようにスムーズに必要なケアを受ける事が出来ないケースが多いです。日頃からかかりつけの医療機関の医師と緊急時の対応について決めておいた方が良いです。


急患と待ち時間について

Posted by in テーマ:急患

多くの医療機関では急患が出ると待ち時間が長くなる事が多いです。急患の治療は多くの時間がかかるだけではなく、人手も必要になるため通常の診察や一般患者のケアがスムーズに行われなくなる事が多いです。そのため、医療機関では急患が発生した時は待ち時間が通常よりも長くなる事や。順番が前後する事を紙などで通知しているケースが多いです。また、医療機関によっては待ち時間が長くなる事を他の患者に対してアナウンスする事もあります。この問題は事前にしっかりと対策を講じておいた方が良いです。なぜなら、その時間が長い事に対してクレームを言う患者が発生したり、他の患者の予定を狂わす事になるからです。それが発生すると待つ時間は通常よりも長くなります。ほとんどの患者は理解し、大きな問題は発生しないです。しかし、状況によっては新たなトラブルが発生し、急患のケアをスムーズに行えないというケースもあります。医療機関はスムーズにケアが行えるように日頃から準備をしておく必要があります。急患のケアをスムーズに行う事が出来ればその時間も短くなります。大切なのは関係する人々の協力、連携です。お互いを尊重する事が出来れば問題やトラブルは発生せず、ケアはすぐに終わります。そして、次の患者のケアをスムーズに開始する事が出来ます。その時間を短くするためには医療従事者が臨機応変に対応するだけではなく、他の患者もその状況を受け入れ静かに待つ事です。


耳鼻科へ急患、子ども

Posted by in テーマ:急患

風邪の症状は様々で、発熱や咳がある場合、または鼻水だけの症状があります。子ども場合、鼻水を上手にかむことができないため、中耳炎になることがあります。夜中に急に耳が痛くなり、我慢ができなくなる場合があり、救急で耳鼻科へ行かなくてはいけなくなります。急患の場合、処方される薬は、耳鼻科だけでなく、内科や外科、小児科でも休日分だけなので、後日かかりつけ医へ受診しなくてはいけません。中耳炎は、しばらく様子を見ながら治療をしていかなくてはいけないため、治療に必要な薬を後日、かかりつけ医に処方してもらいます。子どもは、中耳炎になると自分の声がこもり、痛くて眠れない、ひどくなると鼓膜が真っ赤に腫れてしまいます。薬が効くと落ち着いてくるのですが、痛みがある場合、できるだけ早く受診しなくてはいけません。そのためにも救急の耳鼻科があるのです。急患は、怪我の患者、体調不良、急なお産など、子どもから大人まで診察してもらえます。入院が必要な場合、入院設備の整った病院へ移動します。耳の急患は、痛みを我慢できない子どもが多く、すでに鼓膜が腫れあがり、すぐに手術が必要な場合があります。手術は診察椅子に座り、部分麻酔をし、日帰りでできるものがあります。幼ない子どもの場合、暴れたり、動いたりすると危ないので全身麻酔となりますが、落ち着いて座っていられる子どもは、部分麻酔で手術することができます。まず薬を飲み、症状が落ち着くことが理想ですが、症状がひどい場合は手術が必要な時があります。急患でも落ち着いて、患者の症状を観察し、その人にあった対応をしてくれる病院は、心強いです。<夜勤専従バイトについて詳しい説明がされているサイト(http://xn--eckvdwa9006aorgipevsejqd6y4fzx3b.com/)を参考に日記を書いてみました。>


インフルエンザの急患について

Posted by in テーマ:急患

多くの地域ではインフルエンザの疑いのある急患は専用の医療機関につなぎ、そこで治療を行っています。他の患者との接触を避け、感染者を少しでも出さないようにするために工夫をしています。インフルエンザの急患を他の患者と同じように受け入れている医療機関もあります。そのような医療機関では出来るだけ患者と他の人が接しないように出入り口を別々にしたり、個室に隔離して様子をみるケースが多いです。急患で運ばれてきても短時間ではインフルエンザとわからないケースも多いです。結果、より多くの人々と接触し、感染者を増大させる事があります。医療機関は消毒、掃除等をこまめに行い、拡大を防ぐ事が重要です。また、来院する患者に対して感染する可能性がある事を張り紙等で周知した方が良いです。意識が少しでもあると感染しないように注意する人が増えるからです。抵抗力が弱い高齢者や乳幼児であると急患で医療機関に来た時、生命の危険に陥っているケースもあります。適切なケアを迅速に行える医療機関にスムーズにつなぐ事が大切です。予防接種を受けていてもこのような状況に陥る事はあります。予防接種を受けたから大丈夫と思うのではなく、受けていてもかかるリスクがある事を知っておいた方が安全です。かかりつけの医療機関を持っておいた方が良いです。なぜなら、それを持っていないと急患でみてくれる医療機関を探す時間が長くなるからです。事前に対応方法を把握しておく事が大事です。


急患の受け入れについて

Posted by in テーマ:急患

医療機関の大きさ等によって急患の受け入れ数が決まっている事が多いです。地域の取り決め等で急患をある一定の数は受け入れなければならないと理解していても患者の症状や現場の状態によって十分な数の患者のケアを行えないケースが少なくないです。急患の対応がうまく出来ないため他の医療機関につないでしまうケースも多いです。急患を受け入れると日常の業務がストップします。また、優先順位がくるってしまうため医療の現場は非常に混乱します。結果、医療従事者が心身を疲弊させ、休職や退職を選択するケースが多いです。また、人材が不足し、そのような患者のケアを行う事が難しくなる医療機関が多くなります。そのケアは決して簡単なものではないです。医療機関をなかなか見つける事が出来ずに命を落としてしまう患者もいます。当事者、家族、医療従事者がうまく連携しなければスムーズにケアを受ける事が出来ない患者を減少させる事は難しいです。昨今、急患の対応を行う医療機関が増えました。しかし、現場のスタッフは多くの患者の対応しなければならないため、ミスやトラブルが発生しています。現場の環境を整備しなければ患者が安心してケアを受ける事が出来ないです。医療機関は一人でも多くの患者の対応を行うようにすべきです。しかし、それによって多くの問題が発生するのであれば慎重に対応しても問題はないです。大切なのはより多くの人々の生命や健康を守る事です。安易に行動するよりも生命をい大切にすべきです。


休日や深夜に急患が運ばれた時の料金

Posted by in テーマ:急患

突然怪我をしてしまったり、病気が悪化してしまう等緊急性のある急患が救急外来で診察してもらうことができます。救急外来は休日や深夜など通常病院が開いていない時間外に診察してもらう事になりますが、その分料金がかかってしまいます。 通常の病院が開いている時にかかる料金は初診料2820円、6歳未満の患者の場合はこれに乳幼加算のプラス750円、再診料は720円、6歳未満はこれにプラス乳幼児加算の380円となります。このほかに検査代や処置代などがかかります。 早朝や夜間、休日等は基本診察料に+αで加算という割増料金が加算されます。そのため、金銭的な負担が大きくなります。時間外はおおむね早朝6時から8時、夜の18時から22時までとなり通常850円、6歳未満の場合は2000円の上乗せがあります。日曜や祝辞などの休日加算は通常2500円、6歳未満は3650円が上乗せされます。そして深夜加算のある22時から早朝6時までは通常は4800円、6歳未満は6950円上乗せされます。さらに、深夜や休日に急患として救急車で運ばれた場合等も加算が付く場合もあります。 急患の場合は救急外来にいくべきですが、迷う時もある場合もあります。救急外来に行くべきか、救急車を呼ぶべきなどの判断に迷った場合は電話で相談する事も可能です。相談する場合は近くの救急外来を行っている病院や厚生労働省の小児救急電話相談などもあるので電話相談をしてみましょう。


急患センターとはどのような所か

Posted by in テーマ:急患

急患センターはかかりつけ医が休日でケアを受ける事が出来ない人に対して応急手当を行う医療機関です。救急センターではあくまでも応急手当を行うだけなので、そこで安心するのではなくかかりつけ医を受ける事が出来るようになったらすぐに受診する事が非常に大切です。急患センターには多くの患者が来るため非常に混雑します。また、患者の症状によっては順番が前後する事もあります。ほとんどの診療科は一つの急患センターでみてもらえますが、小児科、歯科等は別の場所で治療を行うケースが多いです。時間帯によっては自分の症状を診察する事が難しい科の医師が担当になる事もあります。スムーズにケアが進まない事もたくさんあります。急患センターで勤務をする医療従事者は心身を疲弊させ、しんどくなる事が多いです。少ない数のスタッフで非常に多くの数の患者のケアをしなければならないため心身の状態を悪くし、業務を辞めてしまうケースが少なくないです。様々な症状に迅速に対応しなければならないので大変です。非常に状態が悪い人が来ている事が多いため、中のベッドで横になっている人が多いです。乳幼児は期限が悪く、頻繁に泣いています。患者、医療従事者の双方の心身が大きく疲弊する場所です。急患センターでは必ず一般の診療を受け、正しいケアを受けるようにスタッフから言われます。早く治すためにはこの言葉の通り動いた方が良いです。服薬もありますが、ほとんどが当日分です。


急患とは何を意味するものか

Posted by in テーマ:急患

急患とは、「急」が「救急」、「患」が「患者」を意味するように、「救急医療を必要とする患者」を意味します。つまり、その文字通り、命の危険が迫っているため、一刻も早い治療が必要となります。日本では、急増する交通事故に追われるかたちで、その受け入れ態勢を発展させてきました。 しかし、ここで問題となるのが、何をもって「命の危険」とするかです。日本では、第1次(初期)から第3次までの「重症度」が定められており、これに基づいて急患かどうかを判断しています。高次元になるほど命の危険も高まり、より緊急を要することになります。そのため、患者本人にしてみれば死ぬほどの苦痛であっても、命に別状がなければ、急患とは見なされないこともあります。 現在の日本では、急患に対する2つの問題があります。1つは、患者を迅速に搬送したものの、受け入れる先がなく、病院をたらいまわしにされる可能性があるということです。これについては、アメリカの「ER(Emergency Room、緊急救命室)」のような急患専門の部門を設置する病院が増えてきています。 もう1つの問題は、急患とは言えないような症状であるにもかかわらず、救急車を利用しようとする患者が増えていることです。大した問題ではないように見えますが、救急車も数が限られているため、こうした些事に付き合わされることで、急患に救急車を差し向けられないという事態も生じかねません。これに対しては、救急車の有料化も検討されています。


close
search
最近のコメント
    カテゴリー
    avatar

    Hi, guest!

    settings

    menu